ビフォーアフター写真あり

コンブチャクレンズを本気で2週間試したレビュー公開中!

コンブチャクレンズ 肌荒れ対策

腸内フローラのバランスが悪いと肌が荒れやすい

投稿日:

腸内フローラとは

肌の乾燥やニキビなど、スキンケアに気をつけているのに肌荒れがなかなか治らないことはありませんか?
スキンケアでも治らない肌荒れの原因は、体の腸内環境の悪化が考えられます。
腸内環境の悪化とは、腸内に生息している細菌のバランスが悪化している状態です。
最近よく、腸内フローラという言葉を耳にするようになりました。

腸内の善玉菌と悪玉菌

私たちの腸の中には100種類以上、重さにすると約1kgの細菌が存在しています。
小腸から大腸にかけてこの腸内細菌が、同じ種類ごとに集合して腸の中に壁面を作るような形で存在しているのです。
この集合している様子がお花畑のように見えることから、ラテン語で「お花畑」という意味のフローラを使って腸内の細菌の集まりを腸内フローラと呼んでいます。
腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、日和見菌などがあります。
乳酸菌やビフィズス菌などヨーグルトに含まれる事でよく知られるこれらの細菌は、善玉菌の代表です。
善玉菌は、外からの菌の侵入を防いだり、ご飯やパンなどの炭水化物が分解された糖を吸収して乳酸などを作り、
腸内を善玉菌に優勢な酸性にすることによって悪玉菌を殺したり、ビタミンB群を作り出して悪玉菌が作り出す体に悪い物質を分解することで腸内環境を整える働きをしています。

腸内フローラのバランスを保つ

反対に悪玉菌は、人に有害な物質を作る細菌です。
代表的なものは、ウェルシュ菌やブドウ球菌があげられます。
悪玉菌が増えると腸内の腐敗が促進され、アンモニアやフェノールなどの有害物質が増えてしまいます。
そして、善玉でも悪玉でもない菌が日和見菌です。
大腸菌などが日和見菌の代表です。善玉や悪玉よりも腸内に多く存在しています。普段は人にほとんど影響を与えませんが、
善玉が優勢の場合は善玉、悪玉が優勢の場合は悪玉の働きを手伝うという性質を持っています。
腸内フローラは、悪玉よりも善玉が優勢であるバランスを保つことが大切です。

腸内細菌の活動が低下とは

理想的な割合は、善玉2割、悪玉1割、日和見7割とされています。
つまり腸内フローラのバランスが、悪玉菌が優勢の状態になると肌荒れや病気を引き起こす原因になるのです。
ストレスや食生活の乱れ、また歳をとるに従って善玉菌が減ってくると腸内フローラのバランスが崩れやすくなってきます。
腸内環境が乱れると肌が荒れやすくなる理由には以下のことが挙げられます。
まず腸内が汚れてしまうと、腸内細菌の活動が低下してしまいます。
普段私たちの体に必要な栄養素を合成している善玉菌が減少し、肌の健康を維持するために必要なビタミン群が作られなくなってしまうのです。
その結果、ビタミンB群が不足し普段より糖質や脂質を摂りすぎた場合、皮脂の過剰分泌に繋がるのです。
次に、腸内の悪化による体の免疫力の低下が考えられます。

腸内フローラのバランスを保ち肌を綺麗に健康に

腸には体の免疫細胞が約70%あると言われています。つまり腸の状態が悪くなると、免疫細胞の数も減少してしまい免疫力も下がってしまうのです。
ニキビの原因であるアクネ菌が皮脂の詰まった毛穴にやってくると、毛穴が炎症を起こします。免疫力の低下は、この進行速度がはやまり、色素沈着やクレーター、ニキビ跡を残してしまう可能性が高まります。
特に腸の状態が悪い場合は、口の周りのニキビや吹き出物の原因と言われているため注意が必要です。
他にも様々な理由が挙げられます。そして、腸内環境が乱れると、肌が荒れやすくなるだけでなく、疲れやすくなったり便秘・下痢になったり、太るなどの弊害が出てきます。
以上のことから、肌を綺麗に健康に保つ為には、腸内フローラのバランスを保つことが大切なのです。
外側からのスキンケアだけでなく、ストレスや食生活を改善して腸内環境を整える内側からのケアが肌荒れの改善に必要なのです。

ビフォーアフター写真

コンブチャクレンズを本気で2週間試したレビュー公開中!

-コンブチャクレンズ, 肌荒れ対策
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© コンブチャクレンズの正しい飲み方とは!痩せない人必見です! , 2017 AllRights Reserved.